• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

診療科

三叉神経痛と顔面痙攣

 この二つの病気は、脳から出る脳神経が、頭の中で近くにある血管に圧迫されて症状をきたすことがほとんどで、神経と血管を離して上げる手術をすることで非常に高い頻度で治療効果が得られます。当科でも手術を行っております。

三叉神経痛

 三叉神経という顔の感覚を脳に伝える神経の障害で起こります。一側顔面の耐え難い疼痛があります。突発的な激痛、電撃痛が数秒後に消失するという発作が繰り返されます また決まったところを刺激すると発作が始まったり、お風呂場などの暖かいところで症状がやわらぐという特徴もあります。

顔面痙攣

 顔面神経という顔の表情を作る筋肉を動かす神経の障害で起こります。はじめは一側の目の周りや口の周りの小さな痙攣から次第に顔半分に及ぶ痙攣へと広がっていきます。

どちらの病気も最初は薬で症状を抑えることができますが、次第に薬も効きにくくなっていくようです。

 


来院される皆様へ
募集案内
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について