• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

各部門

 

 

 

当院を受験しようと思った理由を教えてください。

新人Eさん学生時代の急性期の実習として、当院で3週間の実習をしたことです。その時に病棟の雰囲気がとても良かったんです。患者さんのためにカンファレンスも細やかに行われていて、スタッフ皆で助け合っている感じが素敵でした。和やかだけれども、切磋琢磨しあっているいるという雰囲気がありました。色々な病院に実習に行ったのですが、やはり当院での実習体験が忘れられなくて。それに施設が新しく、最先端だったのも魅力でした。また、仙台市の病院なので少しでも住民の人達に貢献できたらと思い受験することにしました。

 

 

実際に入職してみて良かったことはありますか?

やはり自分の第一印象と変わらず、病棟の雰囲気がとても良かったです。最初は不安でドキドキしていたのですが、皆さん、私を気にかけて下さって、周りに支えられているなぁと今でも感じています。公務員として院外の研修がとても豊富で、社会人としてのマナーを教えていただいていると思います。院内研修では色々な科の先生方の講義や研修があって、自分の病棟以外の専門知識を深めることができるのも魅力ですね。 それにお休みの希望も叶えて頂けているので、プライベートな時間も充実していますし、リフレッシュできていますね。仕事もプライベートも毎日がとても楽しいです。


 

働き出して出来るようになったこと、自信がついたことを教えてください。

当初、一番不安だった注射などの看護技術も、しっかり実技の研修をしていただいて、病棟でもプリセプターさんが何度も見守りと指導をしていただけたことで自信をもって行えるようになりました。また、当院は急性期の病院なので、臨時入院も多いですし、手術や退院までの展開がとても早いですし、その分、業務も忙しいのです。最近では流れをつかむことが出来てきて、日勤だけでなく、夜勤も通して患者さんの観察や看護介入が出来るようになってきたと思います。今後の課題としては、大きい手術も多い病棟なので、患者さんに急変があった時にしっかり慌てずにその場で指示を頂いたり、積極的に動けるようになりたいと思っています。

 

 

 

プリセプターになったことでの学びになったことはありますか?

プリセプターTさん:私は看護師11年目なんですが、新人のEさんの熱心な患者さんとの関わりをみることで、自分も改めて患者さんとの関わりを考える良い機会になっています。また、医療の知識は日々刷新されるので、新人さんと一緒に学んでいます。

 

 

新人さんは看護師になってから患者さんとの忘れられないエピソードは出来ましたか?

新人Eさん:手術までベッド上安静の患者さんだったのですが、自分の身の回りのことが出来ず、それでも人に頼るのがあまり好きではないという方だったので、そのため、苦痛も大きかったようです。無事手術は終わったのですが、術後の嘔吐などの症状のため、状態が不安定になってしまい、リハビリも思うように進まず、入院期間もとても長くなってしまったんです。身体の状態に波がある中で、声掛けや何気なくお話をさせていただいたり、受け持ちの際には一緒にお散歩をしました。その方が、しっかりと歩けるようになり、退院する日の深夜帯に手を握り「あなたがいてくれて良かった。出会えてよかった。ありがとう。」と仰ってくださったことです。自分が行ってきたことが患者さんの支えになっていたということが実感できたことが忘れられません。  

プリセプターTさんから:Eさんは新人で覚えないといけない業務がたくさんあって大変でしたが、そんな中でも患者さんのベッドサイドへよく行って、お話を聞いて、患者さんと丁寧に真摯に向き合うことが出来ていましたね。 日々成長していくEさんのこれからが本当に楽しみです。いつまでもその気持ちを忘れないでいて下さいね。
  

 

お二人の看護師としてのこれからの抱負を教えてください。

新人Eさん:まだまだ仕事に慣れるのが精一杯で、一日が過ぎるのもあっという間ですが、気持ちにゆとりをもって、患者さん一人一人と深く向き合えるように努めていきたいと思います。

 

プリセプターTさん: 患者さんがどんな思いでいるのかを毎日考えながら、患者さんの思いにそったケアをしていけるような看護師になりたいと思っています。また、新人さんや先輩方一緒に学んでいけるような環境作りに励んでいきたいです。


   

 

 

来院される皆様へ
募集案内
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について