• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

患者さんの声

患者さんの声

平成21年2・3月にお寄せいただいた「患者さんの声」から

<患者さんの声>

5階東病棟にお世話になっておりますが、先生方はいつもいつも気にかけて、患者の方々に毎日声をかけてくださいます。ありがたく思います。不安と痛みを抱えて入院生活を送っている私達には大きな心の支えとなっております。感謝の気持ちでいっぱいです。でも残念なことに看護師さんのただ一人の人が患者に対して冷たい言葉じりだったり、態度の冷たい方がいらっしゃいます。他の看護師さんには心暖まる手厚い看護をしていただいております。また師長さんの姿を見かけることがありません。師長さんは各部屋をまわり、患者の方々に声がけをして患者の病状を知ることが大事だと思います。カルテだけでは知ることができるのでしょうか?私の感じたことは看護師さん達の患者に対しての看護は本当に心暖まる看護でした。本当にありがとうございました。

<院長からの回答>

不安な気持ちを抱えて入院していらっしゃる患者さんに、そのような不快な思いをおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。いただいたご意見をもとにスタッフに対し指導を行うとともに、各スタッフがそれぞれ日々の業務を振り返り、反省を行いました。病棟師長の巡回についても、改めて見直しを行いました。今後、患者さんの心に寄り添った看護の提供に努めてまいりますので、どうぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。


 

<患者さんの声>

大判のバスタオル3枚などを買ってくださいとかオムツはこのメーカーのものとか指定されます。「医療品販売コーナーで買ってください」といわれて、入院してあせっているときに、お金もなく年金で生活しているのに、どうして持参したものではダメなのですか。パジャマも着せやすい伸縮するものとか無理です。言うのは簡単ですが言われた人の気持になってください。医療費もかかる、持ち物もかかる、入院をするのに大変です。あるものでやってください。

<院長からの回答>

入院にあたり不安な気持ちを抱えている患者さんに対して不快な思いをおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。入院時の準備品は、サイズ等の要件を満たしていれば持参品でもよいのですが、治療を行っていくうえで、例えばオムツについてはパンツ式、マジックテープ式など、型やサイズを指定させていただいたり、点滴の都合上、パジャマも手首の締まっていないものをご準備いただくようお願いすることがございます。今後、なぜそのようなものが必要なのか、患者さんの立場に立った分かりやすい説明に努めるとともに、患者さんに寄り添った看護の提供を心がけてまいりますので、どうぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。


 

<患者さんの声>

〈チェックリスト作成してみてはいかがでしょうか〉約1週間入院して、初めて聞いた内容で注意を受けました。看護師さんからすれば、当たり前のことだったのでしょうが「入院のご案内」やその他の資料を読み直しましたが記載はありません。注意を受け、その後の説明で納得はできましたが、気分がよくありません。でもいちいち説明してられないくらい忙しいのも事実かと思います。各診療科で注意事項(お願い事)リストを作成してみたはどうでしょうか。説明した日をチェックしてそれでも直らないなら注意し、説明前なら説明して、リストにチェックのような形はいかがでしょうか。(リストの置き場はベットの名札の横あたりでしょうか。)初めて聞かされた内容で注意を受け、気分を悪くすることはないでしょうし、看護師さん間の伝達がうまくいかなくても、リストを見れば分かるでしょうし、どうでしょうか?

<院長からの回答>

不快な思いをおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。入院の際の注意点やお願いは、基本的な部分は『入院のご案内』等の各種資料に掲載しておりますが、診療上必要となる、病棟ごとに異なる注意点については、別の資料によりお知らせしているところでございます。そのため、現在新たなチェックリストの作成は予定しておりませんが、注意事項として事前に患者さんに知らせるべきと思われる項目がございましたら、具体的にお話いただければ、検討のうえ、連絡項目に新た加えてまいりたいと思います。このたびは、貴重なご意見をどうもありがとうございました。


 

<患者さんの声>

この病院で昔母が亡くなりました。病気の痛みのせいでわがままも出てきたみたいで、家族の私は理解して対応しているのに、看護師の人〈一部)は冷たい態度をとってこっちも忙しいからと…。心にもない、いたわってあげる、余裕もないみたいで、診てる私としてはもう数ヶ月しか持たないと思って涙が流れました。資格のあることはとても立派なことだと思いますが、もう少し患者対病院側として、相手が少しでも安心できるように対応してほしかったとずーっと悔やんでます。

<院長からの回答>

ご病気で心身ともに苦痛を抱えている患者さんやご家族に、さらにおつらい思いをおかけしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。このたびいただいたご意見を真摯に受け止め、スタッフそれぞれが心に刻み、患者さんやそのご家族の立場に立った、誠意ある対応と看護の提供に努めてまいります。
謹んでお母様のご冥福をお祈り申し上げます。


 

<患者さんの声>

正面玄関の前にタクシーがいるため、迎えに来た時不便です。少しずれて止めるようにしてください。

<院長からの回答>

ご不便をおかけして申し訳ございません。送り迎えの多い午前中の時間帯についてタクシー会社に周知し、タクシーの駐車位置を1台分後退させて送迎時の駐車スペースを確保いたしました。来院者の方が送迎しやすいよう、今後も取り組んでまいりますので、どうぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。


 

<患者さんの声>

駐車代金が高すぎる。お見舞いの人はただにしてほしい。

<院長からの回答>

ご不便をおかけして申し訳ございません。駐車場の維持管理費用の面から、無料にすることは難しい状況でございます。どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。


 

<患者さんの声>

歯科病棟でお世話になりました患者の家族です。先生方、外来・病棟の看護師さんに大変お世話になりました。患者の気持ちに寄り添ったこころが伝わる診療に心から感謝いたします。ありがとうございました。


 

<患者さんの声>

長いようで短い入院でしたが、今回の入院・治療は感謝の気持ちでいっぱいです。その具体例は(1)極めてスムーズに手術が施され術前よりも記憶、考え方が新しくなったように思います。これも先生、そして看護師の皆さんが連携よく対応していただいた結果と思っています。(2)看護師の皆さんがやさしく元気づけてくださいました。いろいろな病を持っているものがこのやさしさにどんなに力づけられ、また勇気をもらったころかと思います。皆さんの仕事はハードですがどうぞいつまでもこの気持ちで!


ご意見ありがとうございました。

来院される皆様へ
募集案内
職員募集情報
医師臨床研修
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について