• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

患者さんの声

患者さんの声

平成22年1月にお寄せいただいた「患者さんの声」から

<患者さんの声>

乗り入れタクシーについて。駐車場が満車で、車道で入る順番を待っていました。バス停付近にタクシーが数台並んでいた為、車道に2列滞っている状態でしたが、タクシーが停まっていたので前に入ろうとしました。しかし、前に進むとタクシーも同時に少しだけ出ては停まりを繰り返し嫌がらせをし、私が前に出ると救急車入口のため空けていたスペースへタイヤを鳴らしながら割り込んできました。あまりにもひどい行為に唖然としてしまいました。できれば、悪質な運転をするドライバーがいるタクシー会社は出入禁止にはできないのでしょうか?

<院長からの回答>

ご指摘を受け、当該タクシー会社に連絡し、ドライバーの運転マナーの改善を求めました。会社からは、運転手の対応について謝罪するとともに、今後再発防止のため、ドライバー全員に指導・教育を行い、各営業所に注意文を掲示するとの回答がございました。ご意見、ありがとうございました。


<患者さんの声>

1階外来のトイレがくさい。

<院長からの回答>

不快な思いをおかけして申し訳ございませんでした。当院のトイレには、換気装置やオゾン脱臭装置を設置しておりますが、使用中又は使用直後は、完全に脱臭しきれないことがございます。どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます。


<患者さんの声>

家族のものですけど、患者のことを考えてほしいと思います。2日前に時間のことを、言わないで、夜に突然電話があって、何時までに来て下さいと言われましたけど、家族のものが来ている時になぜ言ってくれなかったのか、家に私どもがいたからよかったけど、困りますよね。そこのところをしっかりしてほしいと思います。

<院長からの回答>

事実確認を行いましたところ、ご家族が面会した後に検査結果が出たため、日中に何度か電話で連絡を取ろうとしましたが通じず、その後18時30分頃に通じたため、翌日に治療の説明をしたいことをお伝えしたということでした。しかしながら、電話の内容が時間調整だけだったこと、夜間の連絡となってしまったことで不快な思いをおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。今回のご指摘を受け、スタッフ間で内容を共有し再発を防ぐようにするとともに、ご家族への説明として、早期治療の必要がある場合には急な連絡が入ることもあるということを事前にお伝えするなど、細やかな配慮に努めてまいりますので、どうぞご容赦下さいますようお願い申し上げます。


<患者さんの声>

度々小児病棟に入院しお世話になっています。スタッフの皆様にはいつも親切に接して頂き感謝しております。いつも困るのですが、子供は入院生活という不安の中でなかなかそばを離れることが困難で自分のトイレもガマンしているという状況です。しかしゴミすてに行ったり下膳や吸入の準備など、そのたびに子供は泣いているといった具合です。他の病棟では環境整備の際看護師さんがゴミを集めてくれたり、下膳なども手伝ってくれました。お忙しいのでしょうが、付き添いの負担軽減、子供の負担軽減を考え配慮して頂けたら幸いと思いました。付き添いも普段慣れていない祖父母にちょっとの間お願いする事もあります。子供の内服などわからないので、その時は看護師さんがやってくれてもいいのでは…。付き添いの家族にばかり委ねられていることが多すぎると感じます。吸入・服薬など看護師さんがもっと関わった方がいいのでは。

<院長からの回答>

お子様が入院され不安な状況の下で、さらなるご負担をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。このたびのご指摘を受け、病棟内で打合せを行いました。今後の対応として、環境整備を行う際、ベッド横のゴミ箱のゴミ回収を行うことにいたしました(ただし、オムツについては、感染管理上、交換した方に処理をお願いいたします)。乳幼児の服薬については、お子様が不安を感じないよう、付添の方にご協力いただいておりますが、付添の方が一時的に交代するなど、お困りの際には、声をかけていただければお手伝いいたします。また、下膳については、小児病棟ではお子様により食事や睡眠時間が異なるため、一律の取扱いを行っておりません。しかしながら、状況に応じて対応することをスタッフ間で確認いたしました。これらの事項については、入院時のオリエンテーションでも説明するように努めてまいりますとともに、家族の方の付添については、今後も検討を続けてまいりますので、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。


<患者さんの声>

後を絶たない空缶へのたばこ投入「病院の美観を損う行為」
誰が飲んだ後の空缶だかしれませんが、複数の空缶にたばこを入れている、マイ灰皿を持たない人が多すぎる。特に先生方が、さっと白衣を脱ぎ、その空缶に平気でたばこを入れている。又、病院の中に入っている管理防災センター(守衛室)の人たちも同様です。見つかってはまずいのか急いで吸っている。良い見本を示さないため、通りすがりの人や患者もそこで吸って空缶にたばこを入れている。空缶にあふれんばかりに入っている。入りきれなくて歩道に落ちているものもある。地球資源に反する行為です。通勤で毎日五橋地下鉄駅を利用するため必ずそこの道路を通ります。あまりにもひどいので、何回も立ち止まったことが多々あります。なんとかならないものですか。

<院長からの回答>

不快な思いをおかけして申し訳ございませんでした。ご指摘のあった場所について、清掃し、空缶を撤去するとともに、「敷地内禁煙」の掲示を行い、喫煙のルールについて周知してまいりますので、どうぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。


 

<患者さんの声>

再入院し治療を受けている者ですが、看護師さん、皆さん若い人が多いようですが、とても親切な人ばかりで、治療も安心して受けられました。手術についても、懇切丁寧な先生の説明に、不安いっぱいでしたが、納得し安心して受けられました。家族もみな安心しております。本当にありがとうございました。


ご意見ありがとうございました。

来院される皆様へ
募集案内
職員募集情報
医師臨床研修
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について