• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

患者さんの声

 

平成30年6月にお寄せいただいた「患者さんの声」から

 


<患者さんの声>  

 仕事の分担は解ります。すぐ近くに事務員の方が居たので、お願いしたのに看護師に伝えますの一言で、動きがありません。手術後の体調なので、配膳を依頼しました。そのまま部屋に置いたままだと迷惑になるかと思い、伝えたのに。ちょっとした事かもしれませんが、不快な入院でした。


<患者さんの声> 

 お医者さんがやさしい。親切にしてくれました。


<患者さんの声> 

 よく市立病院に入院する中学生です。

 ぼくは、病院の食事を楽しみにしていますが、ほぼ毎日大人が食べる食事が多いので、あまり好きではないし、完食もできないでいます。なので子どもも喜んで食べられるように、洋食などを増やしてほしいです。

<院長からの回答> 

 このたびは、当院の病院食に関しまして貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございます。

 病院食につきましては、ご指摘をいただきましたとおり、高齢者向けのおかずも多く、好みではないメニューもあったかと思います。

  そのため、今回のご意見を踏まえ、新たに小・中学生の方を対象としたメニューを作成することにしました。

 なお、準備に時間を要しますので、実際に食事としてご提供を開始するのは8月頃となる予定です。

  今後とも、患者さんに寄り添った、懇切丁寧なサービスの提供を心がけて参りますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


<患者さんの声>  

 シャワー室に、

 ①時計を置いて欲しい。時間分からず、髪乾かず、抜け毛清掃で時間過ぎ、迷惑かけた。

 ②シャワー内にイスが欲しい。足の指が洗いたいが不安定だ。

 ③ドライヤーが乾きにくく、時間かかり不便だ。

 ④脱衣室の毛を、モップあると助かる。


<患者さんの声>  

 朝7時、夜間休日こども診療所の指示でTELした時に、ERのNR◯◯という人の態度がありえない位最悪でした。

 前医の診断で市立にTELしたのに、その診断を鼻で笑いとても不快でした。

 アナムネ聴取の時もぶっきらぼうな態度、威圧的な態度、子供が具合いが悪くてやっと安心して診てもらえると思ったのにとても残念です、市の職員とは思えません。

<院長からの回答> 

 このたびは、当院職員の対応によりご不快な思いをお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。

 当院救急外来におきましては、患者さんまたはそのご家族から診察の依頼があった場合、看護師が問診をおこない、医師にその内容を伝えたうえで診察が可能かをお伝えしております。

 今回の件に関しましては、その問診対応の際にご不快な思いをお掛けするような言動があったものであり、このことは、当院職員としてあってはならないことでございます。当該職員に対しては、患者さんのお気持ちに配慮した言動を心掛けるとともに、誤解を招くような言動は慎むよう、改めて指導したところです。

 今後は、より一層、患者さんに寄り添った懇切丁寧な対応を心掛けて参りますので、何卒ご容赦を賜りますよう、お願い申し上げます。


<患者さんの声> 

 妊婦健診で来た際に健診が終わり、次の予約の日を決める時に家から遠いのと臨月という事もあり、1人で来るのは危ないので家族の都合の良い日を言いました。ですがその日は予約でいっぱいとの事。

 先生に相談してもらい予約は取れましたが、その際に物凄くふてくされたような顔をされ、しまいには「陣痛や破水が来た時にどうするつもりですか?」と言われました。

 それとこれとは話が別ですし、こちらもその時には対応出来る様にしています。ですが、先生でもない方にそこまで言われるのはとても気分が悪かったです。いつも愛想が悪かったですが、今回の件でとても不愉快になりました。

<院長からの回答> 

 このたびは、当院職員の対応によりご不快な思いをお掛けしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

 今回の件につきまして確認を行いましたところ、検診日の変更を承った際に当該職員が陣痛発生時の来院についてお伺いしたのは、医師から緊急時の来院について確認するよう指示を受けたためであるとのことです。

 しかしながら、その際に、なぜそのような質問をするのかの説明が不十分で、患者さんにご不快な思いをさせる態度で対応を行ったことは、当院の職員としてあってはならないことです。今回の件を受け、当該職員には、患者さんの立場に立ち、相手に不快感を与えることのない対応を行うよう、改めて指導したところです。

 今後は、より一層、患者さんに寄り添った懇切丁寧な対応を行うよう心掛けて参りますので、何卒ご容赦を賜りますよう、お願いいたします。


<患者さんの声>  

 6月◯日に母が、抗がん剤治療で入院しました。

 初めての抗がん剤治療という不安と、母子家庭で日中母を家に一人で居させる事に不安もあり、初回は1週間入院させてもらう事になりました。

 ◯日、面会に来た時に、帰る間際に◯◯看護師長さんに突然呼び止められ、明日退院許可が出たので、明日退院しなければ有料の個室になると言われました。

 入院当日にその様な話は聞いていないと話した所、その師長さんは不機嫌そうな顔で「入院翌日に母へ直接話をした。」と言われました。母は当日抗がん剤の治療を受けて不安だったはずです。覚えていない様でしたが、言った言わないの話ではなく、その様な大事な話は、家族のいる入院当日に話しておくべきではないか。と聞いた所、師長さんは本人に話せば家族に説明する義務はないと受け取れる内容の回答でした。

 私は入院前に仕事が休めるのは◯日と退院日の◯日だけだから、突然明日退院と言われても…と言ったら、そんな話は私は聞いていませんと言われました。

 師長さんに笑顔は一切なく、母は終始不安そうな顔で私と師長さんのやりとりを聞いていました。

 病院に迷惑を掛けるつもりはなかったので、こちらから当日退院しますと申し出て退院する事にしました。

 初めての抗がん剤治療で不安な母に対して、色々な意味でもっと配慮して頂きたかったです。これから通院する事に対しても不安が残ります。

<院長からの回答> 

 このたびは、当院職員の対応によりご不快な思いをお掛けしてしまい、誠に、申し訳ございませんでした。

 退院日の調整に関するご説明につきましては、◯◯様のお母様が初めての化学療法を受けるために不安を感じながら入院されていたこと、ご家族が大変心配しながら経過を見られていたことに配慮し、より心配りのある対応を行うべきであったと深く反省しております。今回の件を踏まえ、今後、退院日の調整についてご説明を行う際には、患者さん及びご家族に丁寧に説明を行うと共に、ご家族のご都合にも配慮しながら調整を行って参ります。

 なお、◯◯様のお母様につきましては、引き続き治療を行っていく必要があることから、ご本人及びご家族に不安や心配なお気持ちを感じることなく治療を受けていただけるよう、当院としてサポートさせていただきたく存じます。

 今後は、より一層、患者さんに寄り添った懇切丁寧な対応を心掛けて参りますので、何卒ご容赦を賜りますよう、お願い申し上げます。


 
ご意見ありがとうございました

 

 
来院される皆様へ
募集案内
職員募集情報
医師臨床研修
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について