• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

病院概要

ごあいさつ

仙台市病院事業管理者 仙台市立病院長 亀山元信
仙台市病院事業管理者
仙台市立病院長
亀山 元信

 新病院移転と当院の役割:平成26年11月1日にあすと長町に移転致しました。当院は昭和5年2月に開院して以来、80余年にわたり仙台市民の健康増進と福祉の向上に貢献してまいりました。市民の皆様に信頼される利用しやすい病院として、また安全・安心な市民生活に欠くことのできない政策的医療(救急医療、小児医療、災害医療等)を提供する中心的な病院として、市民の健康と生命を守る役割を果たしてまいりました。

 当院が目指す医療:これまで担ってきた高度医療、政策的医療をさらに充実させてまいります。小児救急については、院内に併設された「仙台市夜間休日こども急病診療所」と救命救急センターで初期から三次救急まで対応できる体制を整えています。また、出産前後の周産期医療についても新生児特定集中治療室(NICU)を新たに設置し、安心してこどもを出産できる環境を提供しております。身体合併症精神科救急医療については、精神疾患のある方が急病や大けがをした場合に積極的に受入れるため、休止していた精神科病棟を平成27年5月より再開致しました。救命救急/災害医療については、建物本体に免震構造を導入、屋上ヘリポートを設置、救命救急センターの診察室の増設など、より多くの重症救急患者に対応する環境を整備しました。

 地域医療連携:当院は急性期医療を担う中核病院として、地域の診療所や病院等と連携をとりながら、市民の皆様に高度医療や救急医療を提供する役割を担っております。そのため当院では、救急の場合を除き、まず、かかりつけ医を受診し、当院での診療が必要と判断された場合に、事前に診療予約をしていただき、紹介状をお持ちいただく「紹介・予約制外来」(小児科を除く)を導入しています。また、急性期の検査・治療が終了し、病状が安定している患者さんについては、ご紹介頂いた、かかりつけ医や適切に治療が継続できる地域の医療機関等にご紹介をしています。このような外来から入院、退院に至るまでのサービスをワンストップで提供し、患者さんやご家族への支援の充実を図るため、院内に総合サポートセンターを設置し、診療予約や入院手続き、退院支援、医療福祉相談等を一元的に行っています。
 当院は地域医療支援病院として、地域医療連携のさらなる推進と、医療の質の向上に向けた取り組みをすすめることで地域医療に貢献し、市民の皆様から「選ばれる病院」、地域の医療機関から「頼りにされる病院」を目指してまいります。

 患者さん参加の医療:現在の医療は、患者さんの立場を尊重すること、患者さん自らが治療方針を選択できること、患者さんに客観的な情報提供ができること、などを基本として質の向上などが求められています。その中で、私ども医療従事者とのより良いパートナーシップ構築のために患者さんにも様々なご協力をお願いしております。すなわち、

1) 自らの健康・生命を守る最高の担い手は患者さん自身です。その患者さんと共に私達は医療を進めていることをご理解ください。

2) 自分自身の健康に関する情報はできる限り正確にお伝えください。

3) 様々な場面でお名前を名乗っていただくなど、安全確保の面からも診療に参加していただきます。

4) 分らないことがあればスタッフにお尋ねください。

5) お気づきの点は是非ご意見をお寄せください。

6) 医療の安全を確保するため最大限の努力を行っていますが、あらゆる医療行為は本質的に不確実性を含んでおり様々な危険を伴います。意図せざる結果が生じる可能性があることをご理解ください。

 市民公開講座:当院スタッフの専門知識やノウハウを市民の皆様に広くお伝えし、疾病予防や健康促進の手助けとして頂くよう「市民公開講座」を開催しています。是非ご参加下さい。

 今後も職員一丸となって患者さんのお役に立てるよう努力致しますので、ご理解を頂ければ幸いです。

 このホームページは皆様のお役に立てるよう、仙台市立病院に関する新しい情報を数多く掲載しています。どうぞご利用ください。

 

   

来院される皆様へ
募集案内
職員募集情報
医師臨床研修
病院ボランティア
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について