• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

令和2年5月にお寄せいただいた「患者さんの声」から


<患者さんの声>

 病院内の床屋(散髪)さんをオープン営業してほしい!


<患者さんの声>

 術前検査の最後に、薬剤科へ案内され、1階お薬窓口へ向かいました。部屋の中へ案内され、着席すると、テーブルの上に自分を含め3名の患者リストが置いてありました。患者氏名(カタカナ)、診療科、入院日、退院日が記載されていました。担当スタッフが到着するまでの間簡単に内容を確認できる位置に置かれていました。個人情報取扱いが雑であることにおどろきました。スタッフ一人一人が個人情報取扱いについて高い意識を持っていただきたいです。


<患者さんの声>

 今、市立病院に入院しています。コロナの影響で皆、入院中不安な中、面会など我慢して
もらってるのに、毎日のように面会に来る人がいます。しかもデイルームとかじゃなく部屋で話してます。
不公平です。そしてウィルスを持ち込まれたら怖いです。きちんと公平に対処してください。

<院長からの回答>

 このたびは患者様にご不快、ご不安な思いをおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。当院におきましては、4月1日より入院患者様への面会を原則禁止しておりますが、例外的に、入退院時の付き添いや病院から連絡があった場合、日用品の受け渡し(15時から17時まで)の場合に限り、1名程度での入館を許可しているところです。患者様のご不安につきましては、ご指摘のとおりでございます。病気の治療への不安に加えて、未知のウイルス感染症への恐怖もあり、入院生活は通常よりも心労をおかけしているものと理解しております。
 面会禁止について、看護師が面会者への声がけ等の適切な対応ができていなかったとすれば、心よりお詫び申し上げます。入院されている皆様に公平に対処できるよう、病院全体として対応してまいります。


<患者さんの声>

 今回の入院で困ったこと。救命救急センター入口のインターホン、言葉だけの対応では耳が聴こえない者には不親切です。光での誘導や直接の対応を希望します。

<院長からの回答>

 この度はご不便をお掛けしまして、誠に申し訳ございませんでした。現在、耳の不自由な方が、救命救急センターの窓口に来られた際は、病院スタッフが入口まで出向き、直接ご案内しているところです。インターホンでの会話となりますので、患者様が誘導を必要としていることに気づくまで、時間がかかる場合がございます。
 今後は、病院スタッフが速やかに出向き、スムーズな案内ができるよう、注意してまいりますとともに、その他の誘導方法についても検討してまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


<患者さんの声>

 こんにちは。〇〇と申します。医療従事者へ感謝の思いを伝えるべくこちらの企画を立ち上げました。よろしければ院内広報にて取り扱っていただけると幸いです。何卒よろしくお願いいたします。医療従事者へ心からの感謝の意をこめて67人のアマチュア音楽家たちが奏でた「ありがとう」世界中を取り巻く厳しい環境が続く中、日々命がけで働く医療従事者とその人々を支えている方々に感謝の気持ちを表すべく、67人のアマチュア・ミュージシャンたちが一つになって音楽を奏でました。感謝よ届け!総勢67名の『ありがとう』https://youtu.be/RS9iIUPx_Hs

<院長からの回答>

 この度は、このような企画を立ち上げていただき、ありがとうございます。早速、院内の電子掲示板に掲載し、スタッフ全員に周知いたしました。67名の皆様が奏でた美しい演奏は、当院に従事するスタッフの励みになったものと存じます。当院の医療従事者を代表して、感謝申し上げます。


ご意見ありがとうございました。

来院される皆様へ
募集案内
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について