• 来院される皆様へ
  • 診療科・各部門
  • 病院案内
  • 医療機関の皆様へ
  • 採用情報
  • 事業者の方へ

<患者さんの声>
 1/12夜、息子(1歳1ヶ月)が熱性痙攣し救急搬送にて受け入れて頂き、6日間入院をしました。その際の医師の方々の話す言葉の無神経さ、優しさの無さにガッカリしました。
 まず、検査結果(血液、レントゲン)も私から言わないと結果を教えて貰えない、という事がありました。「どうして結果が出てから教えてもらえるまで時間がかかるんです?そもそも私から聞かないと教えてもらえないものなんです?」と問い詰めると、「引継ぎをミスしていました、すいません」との事。小児科病棟の○○さんは謝罪に来てくれたのに当の本人の医師は開き直ったような態度で「うちの〇〇が謝罪しましたよね?」と言われました。患者の家族に歩み寄るような言葉はなく、怒りで震えました。
 こんな大きな病院でそんなチープな引継ぎミスをする事にも愕然としました。
 また、ナースステーション前の病室だったのですが、医師や看護師の多い時間(午前9時過ぎや夕方頃)に、談笑の声が部屋に響いてきました。いちいち、その声で息子が起きて泣くんです。非常に不愉快でした。看護師さんに言っても、「今ちょっと人が多くて…」と言うだけでした。もう少しだけでも、配慮があってもいいのではないですか?引継ぎの声とは到底思えない、大きな笑い声でした。
 看護師さんも、1部の方はとても優しく労わるような言葉をかけてくれたり、部長さんと一緒に謝罪にきていた婦長さんは退院するその瞬間まで親身でいてくれました。
 私も精神疾患をいくつも抱えており、その中でも「鬱と、強迫性神経症の不安症」が酷いことを入院する事が決まった日に医師、看護師共に伝えました。
 不安を煽るような事を言ってほしくなかったからです。
 可能性を含む事実だけを言ってほしかったです。
 最大に憤りを感じたのは、医師によって言うことが毎回違う、という事です。
 「何のためのチーム制なのですか?今朝の先生はこう言ってましたよ?」と言うと、「医者によってそれぞれ見解が違うんですよ、そういうもんです」と言われました。
 こちらは大事な息子を入院させて、眠れず、不安症が酷い状態なのに、あまりに配慮のない、優しさのない、身勝手な発言ではないでしょうか。
 息子は良くなりました。日常へと戻りました。
 でもあの6日間入院した日々の怒りで私は不眠がずっと続いています。

<院長からの回答>
 この度は、入院時における対応についてご不快な思いをお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。
 検査を行った後、速やかにその結果をご家族に説明しなかったことは、対応として不適切なものであり、深く反省しております。加えて、患者さまが重篤な状態となる可能性について心配されているご家族のお気持ち、さらには必ずしも万全ではないご家族の体調に配慮した言葉遣いや労わる態度が欠けていたこと、心よりお詫び申し上げます。
 今後は、医療者としての在り方について医師教育に一層努めて参ります。
 また、病棟での対応につきまして、お母さまご自身も体調が優れないなか、お子さまの初めての痙攣・入院のために不安は大きかったことと存じます。本来であれば、病気の治療だけではなく、ご家族・ご本人さまの不安の軽減に努めるべきところ、お母さまの体調のことを医師・看護師に伝えていただいていたにも関わらず、その共有と配慮が不足していたこと、深くお詫び申し上げます。
 朝夕の医療者の談笑の声に関しましては、常々声の大きさに気を付けるようにしているところではございますが、配慮が行き届かず、不愉快な思いをさせてしまい、大変申し訳ございませんでした。
 今回の件を踏まえ、より一層ご家族のお気持ちへ寄り添った丁寧な対応を心がけて参りますので、何卒ご容赦を賜りますよう、お願い申し上げます。


<患者さんの声>
 清潔感があり、安心感がある コロナの中、受け入れて下さり感謝しておる、ただ、説明が難しくて理解できないことがあった(おそらく自分が理解出来てない)良い病院だと思う


<患者さんの声>
 一切病気やケガ等したことがなかった為、大変不安でした。治療に関しては、伺っておきたい点や相談したい点も直接お話させて頂けましたので、安心出来ました。(聞きやすく)対応もとても丁寧だったので、とても好印象です。入院中に一時、気持ちが落ち込み不安定になりそうな時もありましたが、治療にあたっていただいたお医者さま、看護師さん、リハビリご担当さまからお声掛けをいただき、前向きになれました!特に看護師さんの元気な声、患者さんへの気配り、本当素晴しいです♡皆様が命を守ってくれております。本当に心より、ありがとうございました。((✋))

 


ご意見ありがとうございました。