• 来院される皆様へ
  • 診療科・各部門
  • 病院案内
  • 医療機関の皆様へ
  • 採用情報
  • 事業者の方へ

 

院長メッセージ

当院をご利用されるみなさまへ

感染予防対策を確実に行って、一日も早く感染拡大の波を乗り切りましょう

 

 

新型コロナウイルス感染症が私たちの健康と暮らしを脅かし、生活のあり様を激変させてしまってから2年が過ぎました。この間、幾度となく感染拡大の波が押し寄せ、現在は新たな変異種であるオミクロン株によるかつてない程の感染拡大に、市民の皆さまも大きな不安を抱えながら、日々お暮しのことと拝察いたします。

 
当院は、仙台市内で唯一の第2種感染症指定医療機関として、新型コロナウイルス感染症の診療に率先して取り組んでいるとともに、コロナ以外の通常の診療体制も可能な限り確保してまいりました。特に、コロナ禍においても、救命救急医療をはじめとした高度・専門的医療を安定的に供給していくことは、私どもの重要な使命であると考えています。

 
しかしながら、現在の第6波ではこれまでに例を見ない勢いで感染拡大が続いており、当院の医療提供体制にも大きな脅威となっています。オミクロン株は、重症化率が低いと言われていますが、全体の感染者数が増加すれば、自ずと重症者も増えてまいります。今後もこの状況が続けば、病床のひっ迫やマンパワーの不足など、病院にとって危機的な状況が懸念されます。

 
当院では、医師や看護師をはじめ、検査技師や薬剤師等の医療関係スタッフが協力し、病院が一丸となって、可能な限り診療体制が確保できるよう努めています。同時に、院内での感染防止には最大限の注意を払っており、来院される皆さまには、マスク着用等の基本的な対策のほか、入院される方などには抗原検査・PCR検査の受検、面会の禁止など、様々な場面での感染予防対策にご協力をお願いしているところです。

 
今後も、安全・安心な医療がお届けできるよう、職員一人ひとりが使命感を持ち、全力で取り組んでまいります。一日も早く、この感染拡大に歯止めをかけるために、皆さまにおかれましても、引き続きマスク着用やこまめな消毒はもとより、3密の回避をはじめ様々な自粛などについて、引き続き取り組んでいただきますよう、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

令和4年2月17日

仙台市立病院    

院長 奥 田 光 崇

 

 

 

ページを印刷する