• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

 

内科

診療科の紹介

 当科は腎臓内科を専門分野としており、慢性期の腎臓疾患から急性期の腎不全の診療、また、本院の特性から急性血液浄化療法に対応しております。
社会の高齢化に伴い、各種疾患を背景とした慢性腎臓病を合併した患者様が増加しています。腎疾患の診断と治療を進め、適切な情報提供を行い、腎機能を保持し、できることなら透析せずに生涯を全うするお手伝いがしたいと考えています。

 

診療内容の特徴・特色

 呼吸器内科・血液内科・腎臓内科・感染症内科が連携して、内科新患担当医が当院の総合診療科を兼任しています。
当科が得意とする疾患は下記のとおりです。

 

  • 腎疾患
    検診で指摘された血尿・蛋白尿、糸球体腎炎、急速進行性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎、薬剤性腎障害、急性腎不全、慢性腎臓病、尿路感染症などの腎疾患全般、糖尿病・高血圧・膠原病などの全身疾患による腎障害を診察しています。蛋白尿や血尿を伴う腎疾患には積極的に腎生検を行い、腎予後を悪化させないよう診断と治療にあたります。また、保存期慢性腎不全の管理と、必要に応じて腎代替療法などの情報提供を行います。

 

  • 血液浄化療法
    救急症例の急性血液浄化療法(持続腎代替療法(CRRT)、エンドトキシン吸着、血漿交換など)、血液浄化療法室にて、各種のアフェレシス治療や腹水濾過濃縮再静注法(CART)を各科と連携して提供しています。

 

  • 高血圧
    二次性高血圧症のスクリーニング検査を行い、必要に応じて東北大学腎・高血圧・内分泌内科と連携して診断・治療に当たります。

スタッフ紹介

 当科のスタッフ紹介はこちらよりご確認ください。

外来診療担当医

 外来診療担当医表をご覧ください