• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

 

リハビリテーション科

特色

 当院のリハビリテーション科は、急性期病院・総合病院という特色から、超早期のリハビリテーションや複雑な合併症を持つ患者さんのリハビリテーションを、理学療法・作業療法・言語聴覚療法それぞれの専門性を活かし、医師、看護師、メディカルソーシャルワーカーらとともに、連携を図りながら提供しています。
 早期退院をめざしておりますが、継続してリハビリテーションが必要な場合、地域連携パス(脳卒中・大腿骨頚部骨折)の活用や医療連携室との情報交換により、連携病院・施設への紹介も行っております。
 また、全国的にも数少ない大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)の治療が行える病院として、保存療法から術後の理学療法を行っています。

 その他、教育研修として理学療法・作業療法養成校からの臨床実習を受け入れ、リハビリテーション専門家の育成に貢献しております。

主な対象疾患

  • 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷などの急性発症した脳血管疾患
  • 骨折および関節疾患の術後、神経損傷などの運動器疾患
  • 肺炎等の急性呼吸器疾患・慢性呼吸器疾患の増悪など、呼吸困難により日常生活能力の低下を来たす疾患
  • 心臓血管外科術後、急性心筋梗塞、心不全などの心疾患
  • 外科の術後、内科疾患・循環器疾患などで安静を余儀なくされ、日常生活能力低下をきたした廃用症候群
  • 入院中でがんの手術、化学療法、放射線等治療が行われる予定、または行われた疾患

リハビリテーション施設基準

脳血管疾患Ⅰ  運動器Ⅰ  呼吸器Ⅰ 心大血管疾患Ⅰ がん患者リハビリテーション

療法士の認定等

 3学会合同呼吸療法認定士 心臓リハビリテーション指導士 がんのリハビリテーション研修会修了者

 宮城県糖尿病療養指導士 他

理学療法部門

 歩行を中心とした基本的動作の獲得や運動耐容能の改善を目標に、姿勢・動作・歩行練習や関節可動域運動・筋力増強運動・有酸素運動・呼吸指導などを行っています。

作業療法部門

 日常生活動作能力の改善を目標に、上肢機能練習や着替え・トイレ動作等各生活動作練習、復職を目標とした職業関連練習、高次脳機能障害に対する評価を実施し、患者さんに適した練習や生活・職業指導、運動器疾患に対する関節可動域運動・筋力増強運動・生活動作指導を行っています。

言語聴覚療法部門

 言語機能の障害や高次脳機能障害、摂食・嚥下障害を呈した患者様に対して検査・評価を行い、その方に適した練習や指導などを行っています。