• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

診療科

外科

診療科の紹介

外科で取り扱う疾患

 市立病院外科では、一般外科のほとんどすべての病気に対応しています。具体的には、外傷、頸部(甲状腺疾患)、肺、食道、乳腺、ヘルニア、肛門、腹部(胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢、胆管)の疾患、血管外科などです。

 当科で取り扱う疾患の主なものを、以下にリストアップします。

内分泌疾患 慢性甲状腺炎(橋本病)、亜急性甲状腺炎、バセドウ病、結節性甲状腺腫、甲状腺癌、副甲状腺機能亢進症
乳腺 乳腺症、乳腺線維腺腫、乳管内乳頭腫、乳癌
ヘルニア 鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、臍ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア
胸部 食道癌、自然気胸、肺腫瘍
腹部の良性疾患 胃潰瘍、胆嚢結石症、総胆管結石、腹膜炎、腸閉塞、虫垂炎、外傷(肝破裂、脾破裂、腸穿孔など)、突発性血小板減少性紫斑病、遺伝性球状赤血球症
腹部の悪性疾患 胃癌、膵臓癌、胆嚢癌、胆管癌、肝臓癌、結腸癌、直腸癌
肛門 内痔核、痔瘻、裂肛
血管外科 腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞、下肢静脈瘤
病診連携

 他の医療機関から、市立病院の外科に紹介を希望される場合に、現在の担当医師から、医療連携室を通して紹介していただければ、診察の日時の予約をとることができます。

再来予約制

 希望される患者さんには、次回の受診の日時を予約しています(再来予約制)。
 再来予約を希望される患者さんは、外来受診時に担当医師に申し出てください。次の診察の日時を予約いたします。

その他

 救急の患者さんの場合は、救命救急センターで診療することがあります。

スタッフ紹介

当科のスタッフ紹介はこちらよりご確認ください。

外来診療

外来診療担当医表をご覧ください

外来で行っている特殊検査と手術

外科では一般の採血や尿検査、放射線検査以外に、下記の特殊検査や手術を外来で行っています。

超音波検査

 超音波を用いてからだの中の状態を診察する検査です。特に甲状腺や乳房の腫瘍、肝臓や膵臓の腫瘍、虫垂炎などの診断に有効です。
 外来診察室に超音波診断装置が用意されていて、すぐに検査を行うことができます。

マンモグラフィー

 乳癌の診断のために、触診や超音波検査を補うために行っている乳房のレントゲン検査です。この検査で早期の乳癌がみつかることがあります。

穿刺吸引細胞診

 甲状腺や乳腺の腫瘍が悪性のものか良性のものか判断するために行います。
 腫瘍に細い針を刺して吸引し、細胞を採取して染色後、顕微鏡で調べます。結果が判るまで1~2週間かかります。

コアニードル生検

 穿刺吸引細胞診で良性か悪性の判断がつかない時、あるいはある程度の量の組織を採取して、病理組織診断をしたほうが良いと考えられる時に行います。
 局所麻酔をした後に1mm程度の太さの針を刺して、腫瘍の組織の一部を採取し、病理医が顕微鏡を用いて診断します。

外来手術

 局所麻酔の手術で入院の必要のない場合に通院で手術を行います。
 外科の外来手術は、火曜日と木曜日の午前中に行っています。外来手術をすることになったら、手術日を予約します。

 当院では、放射線照射装置ライナックを設置して放射線治療を行っており、手術のみならず化学療法や放射線治療を加えた癌の集学的治療を行うことができます。

 わが国に多い肺癌、胃癌、肝癌、大腸癌、乳癌の治療にあたっては、それぞれの治療ガイドラインに則った治療を基本としています。

 当院外科の特色としては、甲状腺癌及び食道癌の治療実績があげられます。1995年から2009年の15年間に、1,080例の甲状腺癌症例の治療を行っています。分化癌に対しては手術による積極的な切除を基本とし、腫瘍遺残の可能性がある場合には、補助的治療として放射線外照射療法を行っています。遠隔転移症例に対しては、病態により手術、131I内照射療法、外照射療法から選択して治療を行っています。

 未分化癌に対しては、切除可能な場合は積極的に手術を行い、術後に化学療法・放射線療法などの集学的治療を行っています。未分化癌症例は14例(12年間)で、平均生存期間16.6ヶ月と依然として予後不良ですが、10年生存及び20年生存中の2例の長期生存例が出ています。

 当院では多くの食道癌治療も行っています。1995年から2009年の15年間に285例の手術を行いました。治療方針は、治療ガイドラインに則った標準的治療を基本とし、更に症例により最適な治療法を選んでいます。治療法としては手術のみならず、近年注目されている化学・放射線療法も選択肢の1つとして患者さんに提示し、充分なインフォームドコンセントにより治療法を決定しています。

 乳癌は、2005年から2009年の5年間に424例の手術を行いました。うち乳房温存手術は55%を占めています。温存手術の適応のある場合には、温存か全摘かは患者さんの選択に委ねています。当院には放射線治療施設があり、温存手術後の放射線治療も併せて行うことが可能です。乳癌治療では化学療法も重要な位置を占めていますが、当院では外来通院での化学療法を原則としています。

 血管外科は専門医が2名常勤しており、下肢静脈瘤などの一般的な血管外科疾患をはじめ、動脈瘤破裂や動脈閉塞などの緊急症例にも対応しています。また患者さんの状態を考慮した動脈瘤ステント手術も行っています。

来院される皆様へ
募集案内
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について