• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

 

外科

診療科の紹介

 当科では、一般外科のほとんどすべての病気に対応しています。具体的には、外傷、頸部(甲状腺疾患)、肺、食道、乳腺、ヘルニア、肛門、腹部(胃、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆嚢、胆管)の疾患などです。(当科で取り扱う主な疾患については下記リストをご覧ください。)

診療内容の特徴・特色

 当科で取り扱う主な疾患は下記のとおりです。

 外来では、一般の採血や尿検査、放射線検査以外に、特殊検査(超音波検査、マンモグラフィー、穿刺吸引細胞診、コアニードル生検等)や外来手術等も行っています。。
 また、当院では、放射線照射装置ライナックを設置して放射線治療を行っており、手術のみならず化学療法や放射線治療を加えた癌の集学的治療を行うことができます。。

 わが国に多い肺癌、胃癌、肝癌、大腸癌、乳癌の治療にあたっては、それぞれの治療ガイドラインに則った治療を基本としています。

【当科で取り扱う主な疾患】

内分泌疾患 慢性甲状腺炎(橋本病)、亜急性甲状腺炎、バセドウ病、結節性甲状腺腫、甲状腺癌、副甲状腺機能亢進症
乳腺 乳腺症、乳腺線維腺腫、乳管内乳頭腫、乳癌
ヘルニア 鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、臍ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア
胸部 食道癌、自然気胸、肺腫瘍
腹部の良性疾患 胃潰瘍、胆嚢結石症、総胆管結石、腹膜炎、腸閉塞、虫垂炎、外傷(肝破裂、脾破裂、腸穿孔など)、突発性血小板減少性紫斑病、遺伝性球状赤血球症
腹部の悪性疾患 胃癌、膵臓癌、胆嚢癌、胆管癌、肝臓癌、結腸癌、直腸癌
その他 手掌多汗症

症例数など実績

例年の手術件数は約250例です。
内訳は、甲状腺癌約120例、バセドウ病約80例、良性甲状腺疾患約50例などです。再発甲状腺癌や胸骨縦切開による縦隔甲状腺腫の手術も積極的におこなっております。なお、適応は限られますが、内視鏡下甲状腺切除も行っています。
バセドウ病に対するアイソトープ治療も放射線科の協力を得て、年間100例以上おこなっております。また、甲状腺癌術後の放射線ヨウ素内用療法も施行可能です。
副甲状腺の手術は、原発性副甲状腺機能亢進症を中心に20例に施行しました。

患者さんの不安をできる限り軽減するため、初診から手術までの期間を多くは1か月以内になるよう努力しております。症例により積極的に術前化学療法を導入しております。
例年の初回乳癌手術は150~170例で、このうち約80%以上に乳房温存手術をおこなっています。当院には放射線治療設備が整っており、術後放射線治療も含め一貫した乳房温存治療が可能です。
また、形成外科の協力を得て、乳腺全摘と乳房再建を一期的におこなう症例も増加傾向にあります。

食道癌手術は例年数件で、おもに腹腔鏡+腹腔鏡下におこなっています。術前術後の化学療法や放射線療法も積極的におこなっております。
胃癌手術は30~50例で、このうち腹腔鏡下におこなっています。結腸癌・直腸癌手術は例年増加傾向にあり、年間100~120例おこなっています。このうち約80%を腹腔鏡下におこなっています。
肝切除は10~20例(腹腔鏡下手術数例)、胆道・膵癌手術は20~30例で、難度の高い膵頭十二指腸切除も10~15例おこなっております。胆石の手術も例年100~120例(大部分が腹腔鏡下手術)をおこなっています。

自然気胸や転移性肺癌に対する肺切除手術が年間10~20例(ほとんどが胸腔鏡下手術)、虫垂炎手術70~80例(約半数が腹腔鏡下手術)、そけいヘルニア手術70~80例(腹腔鏡下手術約10例)をおこなっています。

 

スタッフ紹介

 当科のスタッフ紹介はこちらよりご確認ください。

外来診療

 外来診療担当医表をご覧ください(受付は午前8時30分から11時00分までとなっています。)

その他(お願い・お知らせ等)

 他の医療機関から市立病院の外科に紹介を希望される場合、現在の担当医師から、医療連携室を通して紹介していただければ、診察日時の予約をとることができます。また、再来につきましては予約制となるため、外来受診時に担当医師に申し出てください。次の診察日時を予約いたします。