• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

当院の取り組み

当院での母乳育児支援

周産部のご面会について【PDF 166KB】

 

仙台市立病院における母乳育児基本理念

 当院では、新しい生命との出会いを母親・家族と共に迎えるにあたり、妊娠・出産・育児へとつながる一連の流れを大切にしています。母乳育児を応援しており、温かいふれあいと安全を重視した医療を目指しています。

平成23年5月

仙台市立病院における母乳育児応援のための10 カ条

  1. すべての職員がおっぱいで育てるお母さんを応援しています。
  2. 妊娠中からおっぱいで育てる気持ちを持ちましょう。
  3. おっぱいで育てることの良いところと、その方法を知りましょう。
  4. おっぱいをすぐあげられるように、妊娠中から乳頭のお手入れをしましょう。
  5. カンガルーケア中に、おっぱいを吸わせましょう。
  6. おっぱいで育てるためには、正しい情報を得ることが大切です。
  7. 赤ちゃんがお母さんと一緒にいることは自然なことです。いつも一緒にいましょう。
  8. 赤ちゃんがおっぱいを欲しがるときに、欲しいままおっぱいをあげましょう。
  9. 6ヶ月まではおっぱいだけで育て、2歳かそれ以上までおっぱいを続けましょう。
  10. 困ったときに支えてくれるおっぱい仲間をみつけて、母乳育児を楽しみましょう。 

 (ユニセフ・WHOの10 カ条を参考にしています) 

母乳育児支援

 職員が日々どのような支援を提供しているのかご紹介いたします。

・・・妊娠中・・・

  • 保健指導
     

 妊婦健診時、乳頭・乳輪をチェックし、必要時個別に乳房・乳頭に合ったお手入れの方法・マッサージ、母乳育児に向けた準備についてお話しています。 

  

  • マタニティクラス 

 平日午後1時30分より開催しています。(終了時間は各クラスによって異なります)

(1) 産科の先生・薬剤師さんに聞いてみよう

(2) 小児科の先生に聞いてみよう

(3) 栄養士さんに聞いてみよう

(4) 母乳育児をはじめよう

(5) 赤ちゃんを迎える為に

 計5クラスです。立ち会い出産希望の場合、(5) のクラスは御夫婦揃って参加して頂いています。クラスの中には、クイズや寸劇、産後のお母さんや赤ちゃんとの交流などもあり、楽しみながら出産・育児のイメージ出来るようお手伝いしています。 

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

  • マタニティ・ヨーガ 

 妊娠22週以降の経過が順調な方が対象です。月2回(不定期)午後1時~午後3時30分、受講料は1回1,000円となっています。マタニティ・ヨーガには、妊娠中の不快な症状を和らげ、お産に向け必要な体の機能を高め、精神の安定をもたらすといった効果があります。 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

・・・入院中・・・

  • STS(skin to skin contact=早期皮膚接触)

 いわゆる『カンガルーケア』のことです。出産後すぐに、赤ちゃんをお母さんの素肌の胸の上に抱っこします。帝王切開で出産した場合も行います。お産後、赤ちゃんのペースに合わせて、なるべく早期におっぱいを吸うことが、その後の育児にとても重要です。

                                ▲経膣分娩でのSTS 

                                ▲帝王切開でのSTS 

  • 授乳支援

 生後間もない赤ちゃんたちは、昼夜問わず頻繁におっぱいを欲しがります。24時間育児がスムーズに行えるようスタッフが何度も訪室し、お手伝いをしています。また、赤ちゃんの接し方や授乳の仕方だけでなく、おっぱいに良い食事やトラブルの予防など、不安なく育児が行えるようそれぞれのお母さんに寄り添ったケアに努めています。

  

 
▲授乳室にて  ▲夜間もお手伝い致します ▲カップフィーディングの様子

 

  • 小児科医師による新生児診

 生後間もない赤ちゃんの異常の早期発見に努めるため、生後1日目の診察や退院時の診察等、赤ちゃんの診察、処置は小児科医が対応します。

 

  • 母乳カンファレンス

 小児科医・産科医・病棟助産師とチーム医療を提供していくため、入院中の母子の母乳育児の様子についてカンファレンスを行い、それぞれの個別性にあった支援が行えるように努めています。

 

 

  • 沐浴体験

 赤ちゃんとの大切なスキンシップでもある沐浴。お家でも安心して沐浴が出来るようにスタッフがお手伝いしながら、赤ちゃんにとって初めて沐浴をお母さんや家族に入れてもらっています。

  

 

・・・退院後・・・

  • 2週間健診

 生後2週間頃を目安に、ご自宅での育児や赤ちゃんの様子をうかがい、母乳・育児相談を行っています。その後も、母子の状態に応じて健診を継続しています。

 

  • 電話相談

24時間365日、母乳トラブルや育児について電話相談を行っています。

 

  • 外来受診

乳腺炎など乳房トラブルが起きた場合、産婦人科外来を受診して頂き、乳房マッサージや授乳指導を行っています。

 

  • TeTeサークル

 毎月第4火曜日午後2時~午後3時に、生後1歳未満のお子さんを育てるお母さん方を対象に育児サークルを開催しています。お母さん方の交流を大切にしつつ、日々の疑問や悩みの解消の場となるように努めています。また、予防接種や補完食(離乳食)など月齢に合わせた話題をもとに、小児科医師や栄養士と話す機会を設けたりもしています。

詳しくはこちらをご覧ください。
 

 

すくすく おっぱい通信

第1号(平成23年2月発行)   【PDF374KB】

第2号(平成23年5月発行)   【PDF573KB】

第3号(平成23年8月発行)   【PDF846KB】

第4号(平成23年12月発行)   【PDF328KB】

第5号(平成24年4月発行)   【PDF891KB】

第6号(平成24年9月発行)   【PDF344KB】 

第7号(平成25年3月発行)   【PDF408KB】 

第8号(平成25年9月発行)   【PDF173KB】 

第9号(平成26年6月発行)   【PDF261KB】

第10号(平成27年10月発行) 【PDF290KB】

第11号(平成28年6月発行)   【PDF208KB】

第12号(平成28年8月発行)   【PDF179KB】

第13号(平成28年10月発行) 【PDF195KB】

第14号(平成28年12月発行) 【PDF306KB】

第15号(平成29年3月発行)   【PDF243KB】

第16号(平成29年6月発行)   【PDF267KB】

第17号(平成29年9月発行)   【PDF153KB】

 

 

来院される皆様へ
募集案内
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について