• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

各部門

栄養管理科

  栄養管理科は、医療技術部に属し、医師、看護師など他の医療スタッフと連携をとりながら、栄養管理と食事指導を実施しています。医師の指示のもと、患者さんに合った食事の提供や栄養指導、栄養管理を実践しながら、より多くの患者さんと接し、信頼関係を築きながら、病状や栄養状態の改善を図っていけるよう取り組んでいます。

食事の提供

   栄養管理科では約90種類、1日約1,000食の食事を治療の一環として提供しています。
    一般食のほかエネルギーやたんぱく質、塩分を調整した食事等、多種類の中から病状等に合わせ、医師の指示により食事を提供しています。食事の提供は業務委託をしておりますが、献立は病院の管理栄養士が作成し、患者さん及び各スタッフからの要望をできるだけ早く献立に反映できるように努力しています。また、食欲が低下していたり、咀嚼や飲み込みがうまく機能しない患者さんには、医師、看護師と情報を共有し、患者さんの希望を取り入れながら、食形態や自助具等工夫した個別対応を実施しています。その他、緊急入院以外の食物アレルギーや宗教による食品の使用に制限のある患者さんには、入院前に総合サポートセンターと連携し、事前に個別献立を作成して、入院と同時に安心して食事が食べられるよう対応しています。

 入院生活の中でも少しでも楽しみが得られるよう、選択メニューや、四季折々の旬の食材を使用した行事食を実施しています。

 

  食事は、温冷配膳車により温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態で病棟に配膳しています。また、衛生的で美味しい食事の提供を心掛けています。食事時間は朝食7時45分、昼食12時、夕食18時となっています。

    

食生活・栄養相談

  当院に通院されている患者さん及び入院されている患者さんやご家族を対象に、個別の栄養相談や集団指導(糖尿病教室、母親教室、TeTeサークル)を実施しています。外来指導では、フードモデル等を、入院指導では実際に患者さんが食べている食事を媒体にわかりやすく、患者さんやご家族の生活習慣に合わせ、無理なく継続できるようなアドバイスを心掛けています。管理栄養士は病棟担当制で、医師等ほかの医療スタッフと連携をとり、入院患者さんの適切な栄養管理を実施するとともに、ベッドサイドへ伺い、栄養・食事に関する相談、アドバイスを実施しています。栄養状態、喫食状況等を把握、評価し、各スタッフとカンファレンス等で情報を共有し、必要時NSTに依頼する等、患者さんの治療効果を高めるよう努めています。 

 

【 外来個別相談(予約制 )】

     月~金曜日9:00~15:00まで。1回当たりの指導時間は約30分です。

 

【 集団栄養指導 】

   

教室名

対 象

実施日 スタッフ 日程表

 糖尿病教室 

入院

外来

毎週火・水曜日

午後2~3時

医師・看護師・薬剤師・理学療法士

臨床検査技師・管理栄養士など

平成29年度

母親教室

(マタニティクラス)

外来

第2・4木曜日

午後1時30分~2時30分

医師・助産師・管理栄養士

平成29年度

前期後期

TeTeサークル

(補完食講話)

外来 年3回 医師・助産師・薬剤師・管理栄養士

平成29年度

 

 

                                              

栄養サポートチーム(NST)             

 栄養サポートチームは現疾患の治癒促進、感染症などの合併症予防等を目的として適切な栄養管理を実践する医療チームです。栄養管理に係る専門知識を有した医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、管理栄養士等他職種から構成されています。栄養状態の改善が必要な患者さんや摂食・嚥下障害が認められる患者さんを対象に、カンファレンス、回診を行い、患者さんの栄養状態や、嚥下状態を評価し、食事の工夫や栄養補給法等、栄養改善に向けた方法を提案し、栄養管理の支援を行っています。
 

          

 

問い合わせ先 仙台市立病院 栄養管理科
022-308-7111(内線2212)


TEL 022-308-7111/ FAX 022-308-7164

来院される皆様へ
募集案内
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について