• HOME
  • 病院案内
  • 来院される皆様へ
  • 医療機関のみなさまへ
  • 診療科のご案内
  • 募集案内

各部門

看護部

   

看護部長あいさつ

 看護部は、「最高の笑顔」を持って、患者さんに寄り添う看護を提供することを目指しています。患者さんやご家族が「市立病院に来てよかった」と言っていただけるよう、心の通う看護に努めております。

 看護職の「最高の笑顔」を支えるため、ひとりひとりが、やりがいを持って長く働き続けられる職場環境の整備に力を入れています。新人研修や現任教育の充実に加えて、認定看護師資格取得を公費負担で行うなど、キャリアアップの支援も行っています。

 さらに、出産後も楽しく働き続けられるよう、院内保育園の開設やワークライフバランスの推進に努めています。

 私たち看護職は、チーム医療の要であります。チーム医療の推進役であり、調整役であることを強く自覚し、他職種からの信頼に応え、安心・安全な医療の提供に貢献していきます。

 看護部長として、看護職が「市立病院で働いてよかった」と「最高の笑顔」で言える職場を目指して、誠心誠意努めてまいります。

看護部長 杉本 美枝子

   

看護部理念

 私たちは変化する医療ニーズに対応できる看護実践能力を備え、最高の笑顔をもって患者に寄り添った看護を提供します。

私たちの基本姿勢

  1. 看護倫理に則り、生命の尊厳と人権を尊重します。
  2. 安全で安心できる看護を提供します。
  3. 患者・家族・医療チームメンバーと良好な信頼関係を築きます。
  4. 仕事に対する誇りを持ち、主体的に自己研鑽していきます。
  5. 仙台市職員として、地域社会に貢献していきます。

看護部目標管理

 バランス・スコアーカード(BSC)による目標管理を行っています。

看護体制

1.配置基準   「7:1」看護体制
2.勤務体制   三交替勤務
3.看護単位   16単位(病棟13・外来・救命救急外来・手術センター)

看護方式

チームナーシング(担当看護師制)

看護職員の教育計画

1.教育理念  

「私たちは最適な看護が提供できる能力を身につけた看護師を育成します」

     
2.私たち看護師に
 求められる能力
 
 1) 専門職業人としての能力
  ①看護倫理に則り生命の尊厳と人権を尊重し、患者の権利の擁護ができる能力
  ②患者個別のニーズに対して、安全で安心できる看護が提供できる能力
  ③看護の専門的知識・技術を習得し、根拠を持って看護実践ができる能力
  ④多職種と協働し、チーム医療を推進することができる能力
  ⑤主体的に学んで自己研鑽し、研究的視点を持ち、新しい看護を創造することができる能力
 

 2) 組織人としての能力
  ①病院の経営理念・運営方針を理解し、看護師として病院経営に参画できる能力
  ②患者・家族・医療チームメンバーと良好な信頼関係を築くことができる能力
  ③自ら、組織改革を推進することができる能力

 

 3) 仙台市職員としての能力
  ①病院が社会的役割を果たすために、看護の立場で地域貢献ができる能力
  ②災害発生時は、院内・院外の連携を駆使して地域貢献ができる能力
  ③コンプライアンス規範を遵守し、倫理観をもって行動ができる能力

 

区分 研修名 研修目的 研修目標
レベルⅠ 看護倫理   職業人として自覚をもち倫理に基づいて行動できるための知識・技術態度を身につける

1.看護倫理とは何かが理解できる

2.日本看護協会の倫理綱領が理解できる

 接遇研修  接遇の重要性がわかり適切な対応ができる能力を身につける

1.適切な対応ができる

2.身だしなみや好ましい態度がとれる

3.適切な☎対応ができる

 技術研修  与薬の技術や生体機能管理術(採血、血糖値測定)が安全に実施できるための知識・技術・態度を養う

1.予薬時の基本原則が理解できる

2.原則をふまえて安全に実施できる

 安全管理  当院の安全管理の取り組みを理解し、安全に看護できるための知識・技術・態度を養う

1.当院の安全管理のシステムを理解する

2.感染予防の基礎知識を理解しスタンダードプリコーションや正しい手洗いができる

3.当院の診療材料の取り扱いについて理解する

4.針刺し事故防止について理解する

 他部門の理解  他部門の特徴を理解し、日常の業務に活かす(薬剤科・放射線技術科)

1.薬剤(麻薬・毒薬・血液製剤など)の請求・受領・保管の方法を理解する

2.放射線被曝防止について理解する

3.MRI入室時の注意事項を理解する

4.血液の請求・受領・保管の方法を理解する

 夜間看護研修  夜間における看護の特徴を理解し、安全に夜間の看護を実施するための知識・技術・態度を修得する

1.夜間における患者の生活と特徴を述べられる

2.夜間における看護の特徴を説明できる

3.夜間における看護の安全性を確保するための留意点を列挙できる

4.安全な夜間看護を実施するために、看護師個々の健康管理の重要性を理解できる

5.夜間、安全に看護を実施するための自己の課題を述べられる

多重課題切迫シュミレーション  看護の優先度や多重課題が遂行できるための能力を養う

1.確実な看護ケアの提供ができる

2.態度、言葉遣いが適切にできる

3.シュミレーションを通し、看護の優先度が理解できる

4.自分の能力の限界を知り、先輩ナースに応援・連絡・相談ができる

 急変時の対応と心電図(12誘導)の管理及びBLS  患者の急変時に適切に対応できるための知識・技術・態度を身につける

1.急変時に自分が行わなければならないことを理解する

2.急変時に応援者を呼ぶことができる

3.緊急を要する心電図の波形と12誘導の心電図の装着の準備と管理ができる

4.BLSを正確に実施できる

レベルⅡ  事例報告
「忘れない看護エピソード」
 印象深い看護体験の中から私の看護の原点をさぐる

1.印象深い看護体験が述べられる

2.その人の看護体験を聴きお互いの看護を認め合うことができる

3.自己の看護観を深めることができる

 急変時対応
「急変時に強くなろう」
 患者の急変時の対応・処置ができる

1.急変時に遭遇した時どのように動くか理解できる

2.急変時に自分の役割を遂行できる

3.患者急変時、必要人員確保物品が準備できる

4.医師の指示に基づいて対応できる

 アサーション研修  看護職に必要なアサーションの考え方、患者に応じたコミュニケーションの取り方を学ぶ

1.アサーションの考え方を知る

2.自己の傾向を振り返り、相手を知ることができる

3.意見の違う相手と向き合うことができ、自分の考えも述べることができる

 リーダーシップ研修  看護チーム内でのリーダーシップが発揮できる

1.メンバーの役割を理解しメンバーシップが発揮できる

2.担当ナースとしてのリーダーシップがとれる

3.看護単位の各係を担当することができる

4.看護単位の環境や物品管理に気を配ることができる

5.院内システムルールに基づき実践できる

 はじめよう看護研究①
~看護研究の基礎を学ぼう~
 看護研究の基礎を学び自己の研究に活用できる知識・技術を養う

1.看護研究の意義を理解する

2.自己の看護研究テーマを設定できる

3.文献検索方法を理解する

4.研究における倫理的配慮を理解する

 はじめよう看護研究②
~研究計画書を立ててみよう~
 自己の看護研究のテーマをふまえて研究計画書が立てられる

1.看護研究計画書の意義を理解する

2.自己の研究テーマに沿った研究計画書が立案できる

レベルⅢ  事例報告
「忘れない看護エピソード」
 印象深い看護体験の中から私の看護の原点をさぐる

1.印象深い看護体験が述べられる

2.その人の看護体験を聴きお互いの看護を認め合うことができる

3.自己の看護観を深めることができる

 アサーション研修  看護職が楽しくいきいきと働ける職場づくりのためにリーダーとしての示唆を得る

1.自己の客観化ができる

2.自己のセルフコントロールについて説明できる

3.コミュニケーションスキルアップする知識を理解する

 目標管理  組織目標達成の責務を果たす能力を身につける

1.病棟の目標達成に連動した自己の目標立案・実践・評価ができる

2.病棟の目標設定や評価に参画し、率先して意見を述べる

3.自己目標を管理できるようスタッフ支援ができる

 看護倫理  看護倫理に基づいて人間の生命の尊厳を尊重し、患者の人権を擁護できる知識を修得する

1.臨床における倫理問題への対応について事例を通して理解できる

2.倫理綱領に沿って倫理問題を考えることができる

3.倫理的感受性を磨く方法を修得できる

 まとめてみよう看護研究
~量的研究を中心に~
 量的研究に必要なデータ収集・分析方法を学び自己の看護研究に活かす

1.統計学の基本的な知識を理解する

2.データの収集と入力方法を理解する

3.データ分析の方法を理解する

レベルⅣ  事例報告
「忘れない看護エピソード」
 印象深い看護体験の中から私の看護の原点をさぐる

1.印象深い看護体験が述べられる

2.その人の看護体験を聴きお互いの看護を認め合うことができる

3.自己の看護観を深めることができる

 リーダーシップ研修  所属を超えてリーダーシップを発揮できる

1.看護師長、副師長を補佐し病院看護部の目標達成に向け活動し、評価できる

2.看護管理上の問題点を発見し対策・実践・評価ができる

3.院内システムルールが実践できているかを確認し、必要時改善・提案できる 

 コーチング研修  相手の力を引き出す能力を学び、中間管理者としてスタッフをいきいきと育てていくかを学ぶ

1.コーチングの意味を説明できる

2.相手が目標を達成する際に必要な知識を理解する

3.相手が目標を達成する際に必要なスキルを理解する

4.相手との会話の目標を明確にし、潜在化した力を引き出す技術を理解する

 看護研究
~看護研究をクリティークしよう~
 看護研究論文を批評的に読み、自己の看護研究及びスタッフの看護研究指導に活かす

1.看護研究におけるクリティークの目的を理解する

2.看護研究論文を批評的に読むことができる

3.自己の看護研究を推進することができる

4.スタッフの研究への指導ができる

役割研修  師長研修  師長の役割を理解し、質の高い看護サービスを提供するためのマネージメントについて知識を修得する

1.当院の基準に記載されている師長の役割を再確認できる

2.自己のマネージメント能力の強み弱みを知り、実践に生かすことができる

3.他の師長との意見交換を通して自らの課題を述べることができる

4.部署の課題を見出し、質の高い看護サービスにつなげることができる

 副師長研修  副師長の役割を理解し師長の補佐スタッフの教育を行う姿勢を修得する

1.当院の基準に記載されている副師長の役割を再確認できる

2.師長の補佐機能を発揮する役割を知る

3.スタッフ教育の役割を知る

4.他の副師長の意見も参考にして、自らの課題を述べることができる

5.自己のマネージメント能力の強みと弱みを知る

 教育委員研修

 

 教育委員としての役割を理解し、効果的な教育研修が計画できる

1.当院の教育のしくみについて理解することができる

2.部署の教育担当者として指導的役割を理解できる

3.教育研修毎の目的を理解し効果的な研修を計画できる

 プリセプター入門  プリセプティーの役割を理解し、プリセプティに指導ができる

1.プリセプターの役割を理解できる

2.プリセプター自身が看護実践モデルとなる

3.プリセプティを支援する

4.ペア同士お互いの成長を評価する(指導するプリセプターも成長する)

 プリセプター研修  プリセプターとして問題及び解決方法を共有し、プリセプティに指導教育ができる

1.プリセプターの役割を認識する

2.プリセプターシップを発揮しOJTの手法で実施する(看護実践モデル)

3.プリセプティを支援する

4.プリセプティに対し個別性を重視した適切な指導や調整ができる

5.ペア同士お互いの成長を評価する8指導するプリセプターも成長する)

 産育休研修  キャリア開発についての方向性を持ち復帰がスムーズにできる

1.病院の現状を知る

2.復帰に向けて子育て支援に対し知識を得る

3.子育てに対してお互いに情報交換をし不安を軽減する

 臨床実習指導者研修  実習指導者としての役割を自覚し、効果的な実習指導ができるための知識・技術・態度を修得する

1.看護教育における臨地実習の意義について理解する

2.臨地実習指導者の役割を理解する

3.効果的な実習を行うために必要なことは何かについて理解する

看護研究  看護研究学習会  看護研究の進め方を理解する 看護研究計画書が立案できる
新人看護研修   新規採用者 技術研修
 
多重課題切迫シミュレーション    多重課題切迫シミュレーション

看護師の活動紹介 

   看護師1年目の流れ 

   先輩看護師からの一言

   ナースの1日

認定看護師紹介

  • 小児救急看護認定看護師  加藤 裕子

 少子化・核家族化、及び家庭での育児能力の低下などが社会問題化している現代において子どもの権利と尊厳を保障し、看護スタッフや他職種と協働しながら、小児救急医療の水準の向上を目指し活動しています。
 救急場面での実践とともに、家庭での子どもの急病時の対応の指導や育児支援、子ども虐待の予防・対応も重要な活動と考えています。

  • 感染管理認定看護師  金子 真也

 患者・家族・職員そして病院全体を感染から守るために日々活動しています。感染対策は一人だけで行うものではなく、院内の皆さん一人一人の協力がなければ成り立ちません。感染対策をやりがいのあるものへと変革できるよう、現場スタッフのサポ-ター役を目指します。

  • 救急看護認定看護師  板橋 智也

 救命救急センター外来で、より質の高い救急看護・救急医療が提供できるよう活動しています。また、救急救命センター外来だけでなく、病院職員への救急対応の講義・指導や、病院外で市民の方々に対する心肺蘇生法の普及活動も行っています。

  • 緩和ケア認定看護師  但木 美枝子

 緩和ケアチームの看護師として、診療科や病棟と協働し横断的な活動を行っています。がん治療を受ける患者さんの痛みやだるさなどの身体の不備や、これからの不安、不眠などの様々な症状について一緒に考えながら、緩和ケアを提供しています。患者さんやご家族の意向や価値観を尊重し、その人がその人らしく生きることができるような支援を目指しています。

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師  吉尾 千春

 皮膚・排泄ケア分野では、創傷(褥瘡や瘻孔、術後創など)、ストーマ(人工肛門、人工膀胱)、失禁の方に対しスキンケア技術を基盤とした専門的なケアを提供しています。創傷ケアでは、健康な皮膚を維持するための予防的スキンケアを行いながら創傷が治癒しやすい環境を整えます。失禁ケアでは、排泄障害の原因を考え改善を図ります。また、ストーマケアでは、術前から関わり退院後もその人らしく生活ができるように支援いたします。

  • がん化学療法看護認定看護師  大沢 知春

 外来化学療法室では、毎日、抗がん剤による治療が行われています。安心して治療に臨めるよう治療開始前のオリエンテーションや安全な投与管理をはじめ、副作用対策についての情報提供をしています。安心して治療を継続していただくため、がんになったことで抱える様々な問題をスタッフ一丸となり、サポートしていきたいと考えています。

  • 摂食・嚥下障害看護認定看護師  佐藤 浩美

 「口から食べる事を支える」ことを目的として、他職種と連携を図り、チームで摂食・嚥下障害患者の機能評価を行い、適切な訓練を選択し、実施するために患者・家族並びにスタッフに指導を行っています。将来的には地域連携を図るための活動ができるように、環境を整備していきたいと考えています。 

  • 新生児集中ケア認定看護師  島影 睦

 新病院より新生児特定集中治療室(NICU)が開設されるため、そのための準備を行っています。小さな命と家族をあたたかく包み込むような医療・看護が提供できるように、万全の準備を整えていきたいと思っています。 

  • 認知症看護認定看護師  及川 順子

 皆さんは『認知症』という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか?このような質問をした時に、あまりポジティブな返答をいただくことはありません。『なりたくない』あるいは『なったらどうしよう』というような思いを抱くことの方が多いかと思います。しかし、人間の誰しもが病や老いから逃れることはできません。どのように生き、どのような最期を迎えるのかを考える時代となり、『アドバンスケアプランニング』という言葉も盛んに使われるようになってきました。認知症看護認定看護師に期待される能力の一つに、『認知症患者の意思を尊重し、権利を擁護することができる』というものがあります。認知症を有している患者さんやご家族が抱えている苦悩を、少しでも解消できるように微力ながら努めていきたいと思います。 

  • 手術看護認定看護師  小野 由美子

 手術を受ける患者さんは大きな不安と期待をもって手術に臨んでいます。患者さんの手術侵襲が最小限となり、手術に伴う二次的合併症を予防し術後の回復過程を促進するよう手術の一連に関わります。また安心して手術を受けることが出来るように安全・安楽な環境を提供できることを目指します。 

  • 集中ケア認定看護師  小西 綾乃

 集中ケア認定看護師とは、「生命の危機にある重症な患者さんの状態を適切に分析判断し、重症化を回避し早期回復を促す」という役割を持っています。ICUに入室されるような患者さんはもとより、一般病床でも専門性を活かした看護技術を用いて、患者さん及びご家族が安心して入院生活をおくり、退院していけるよう援助していきます。 

  • がん看護専門看護師  池田 咲奈枝

 がん看護専門看護師として、院内・院外を問わず、がんと診断された時から治療期、そして最期の時まで、患者様やご家族の身体・心・生活に起こる複雑で解決困難な問題を一緒に考え、患者様の意思決定を支えながら、患者様が自分らしく過ごせるように、多職種と協働しながら支援していきたいと思います。 

  • 救急看護認定看護師  安藤 美和

 事故や急病、災害など救命救急の現場を中心に、時間、場所、診療科、重症度等を問わず活動しています。緊急度、重症度を素早く判断し、苦痛や不安の軽減に努めていきたいと考えています。

  • 感染管理認定看護師  千葉 亜美

 当院2人目の感染管理認定看護師として、感染対策の実践状況を把握し、より良いものとなるよう改善に向けて活動をしています。現場で主体的に活動できるようなスキルアップサポートナース、リンクナースの育成を目指し、現場の声に耳を傾けながら、現場スタッフが実践に移しやすい感染対策を一緒に考えていきたいと思っております。

  • 手術看護認定看護師  鐘江 昌美

 手術看護認定看護師として、周術期(術前・術中・術後)を通し、手術を受けられる患者様やご家族にかかる負担を最小限にするため看護を実践しています。患者様の代弁者となり、安心して手術を受けてもらえるように,病棟や外来と連携を図りながら専門的な知識と技術の提供を行い,診療科医師,麻酔科医師などと共に手術医療チームの一員として,安全で円滑な手術医療を提供していきたいと思います。

  • がん化学療法認定看護師  佐藤 貴子

 がん化学療法看護認定看護師として、患者さんや御家族が安心して化学療法を受ける事ができるように副作用のマネジメントを行い、生活に合ったセルフケアを実践できるように共に考え援助していきます。また、患者さんががんと向きあいながら自分らしい生活を送ることができるよう他職種と連携しながら支援していきたいと思います。

 

 

看護研究への取り組み

【看護研究について】

 当院看護部では、看護の現場における看護研究に取り組んでおります。既存の看護(看護学)の中に新しい知識を付与することで得られた成果を実践に活かし、看護の質向上とより良い看護の提供を目的としております。

 看護研究は日本看護協会が制定した「看護研究における倫理指針」に基づき、文科省・厚労省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」なども参考にしながら、個人情報の保護や倫理面には十分配慮した上で実施しております。

 

【看護研究に使用する情報について】

 看護研究の方法には、事前に患者さんやご家族に直接説明を行い同意していただいてから実施する研究の他、診療録等から必要な情報を集計して行う研究などがありますが、いずれの研究であっても、用いるデータは匿名化したうえで使用させていただきます(詳細は「患者さんの個人情報に関するお知らせ」を参照ください)。

 

【看護部で現在取り組んでいる研究のうち上記に該当するもの】 2017 年 8 月 1 日現在

1. 「カテーテルアブレーション後のスキントラブルと諸要因の
 因果関係から予防対策を考える」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 階東病棟 高橋 知佳子

2. 「術後せん妄予測アセスメントスコアシートの見直し
 ~インシデントレポートから術後せん妄 要因を調査して~」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9 階東病棟 千葉 奈緒美

3. 「身体表現性患者の排泄行動自立に向けた関わり」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 階病棟  斎藤 優治

4. 「誤嚥性肺炎を繰り返す患者の経口摂取に向けた関わり」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 階病棟  船橋 宜寿

5. 「A病院精神科身体合併症病棟における退院困難患者の分析」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10階病棟  吉田 佳教

 

 

 

 

来院される皆様へ
募集案内
臨床研修医募集
職員募集
BFH 赤ちゃんにやさしい病院に認定されました
交通のご案内
新・仙台市立病院
東日本大震災に関する当院の対応について